日経ビジネスの定期購読

日経ビジネス
[ 最新号の表紙 ]

日経ビジネス »

日経ビジネスの定期購読をオススメする最大の理由は、書店やAmazonのようなオンラインショップでは売っていない定期購読専用雑誌だからです。つまり、定期購読するだけで他者と差別化できる情報を得ることができます。1969年の創刊以来、ビジネス雑誌部門でNo.1の地位を誇り、多くの経営者や投資家、ビジネスパーソンが愛読する情報源です。

送料無料・いつもで解約OK
1冊の
通常価格
定期購読
価格 1冊当たり 割引率 節約金額
650円 1年(50冊):23,000円
3年(150冊):48,500円
5年(250冊):72,500円
460円
323円
290円
29%OFF
50%OFF
55%OFF
9,500円
32,700円
54,000円

お得な定期購読の詳しい内容を見る

「日経ビジネス」の特徴

  1. 書店やオンラインショップでは売っていない
    「日経ビジネス」は定期購読専門雑誌なので本屋やAmazonのようなオンラインショップでは購入できません。つまり、定期購読した人だけが独占できる情報ということです。これだけでその他大勢から抜け出すことができます。これが、「日経ビジネス」をオススメ1位にする大きな理由でもあります。他人とは違う情報を持つということは、それだけで大きな武器になるからです。
  2. 50名以上の専門記者が徹底取材
    自分で情報を集めるには時間がかかります。「Time is Money」と言うようにビジネスでは「時間はお金」です。その道の専門家50人を雇うと考えれば、定期購読料金は安いものです。
  3. 年間1500以上の企業事例を掲載
    他業種の成功例を応用したら大きな成功を納めることができたという例は多いものです。「日経ビジネス」なら年間1500社以上の企業事例を読むことができます。
  4. 経営者の失敗談を読める
    ありきたりな成功例を知るより失敗談を知る方が役に立つと言う経営者は多いものです。なぜなら、失敗した理由を知れば、同じ失敗を避けることができるからです。有名な経営者が失敗談を語るコラム「敗軍の将、兵を語る」は「日経ビジネス」を定期購読している経営者たちが注目する名物コラムです。
  5. 創刊は1969年の歴史あるビジネス誌
    「日経ビジネス」は1969年創刊以来、多くの経営者や投資家、ビジネスパーソンから愛読されています。長く愛される理由の1つに、常に時代の一歩先を見通して注目すべき企業・人物への直接取材をもとに独自の視点で実践に役立つ情報を発信し続けていることがあります。

お得な定期購読の詳しい内容を見る

「日経ビジネス」定期購読者限定のWEBサービス

  1. 過去記事閲覧サービス
    1969年の創刊号から最新号までの約40年分の記事を毎月40ページまで無料で読むことができます。
  2. 早読みサービス
    毎週月曜日発行の「日経ビジネス」を、前週の金曜日早朝から1週間、誌面と同じイメージのPDF形式で全文を読むことができます。
  3. 記事スクラップ・サービス
    しばらく保存しておきたい重要な記事、後でもう一度読みたいと思った記事は、お気に入りとして保存することができます。
  4. マイページ・サービス
    あらかじめ登録した関心のあるキーワードを元に、関連記事を厳選したあなた専用のページを作成できます。
  5. ケータイ過去記事閲覧サービス
    日経BP社の携帯コンテンツの過去記事を毎月20記事まで無料で閲覧できます。

お得な定期購読の詳しい内容を見る